お金が足りない

避けて頂きたいのは、「知人への借金申し込み」と「無理な節約」!

生活費などが足りなくなった際、ついつい頼りたくなるのが「知人」かもしれません…
でも、それは避けた方が良いように思われます。
ご存知かもしれませんが、「お金貸して」と言ったために、今まで築いてきた人間関係を壊してしまう危険性があるからです…

 

借りれたら借りれたで、相手は「本当に返してくれるだろうか?」と少しは心配になるでしょうし、万が一、返済が出来なくなってしまったら、その方とはもうそれで終わりになってしまう可能性もあることでしょうか。

 

 

では、今の金欠状況を節約によって乗り切るという方法です。
こちらは極めて常識的な思考でしょうから何ら間違いではないかもしれません。

 

しかし、「知人への借金申し込み」同様に避けて頂きたいのは、「極端な節約」なんですね。
もし、食費を大幅に切り詰めてしまったために体を壊し、仕事を休むようになってしまえば収入を減らしてしまう可能性が高いでしょう。
それでは、何のために節約をしたのか分からなくなってしまいます。

 

 

結論としてですが、「知人以外のところから、必要なだけお金を借りる」という選択が無難であるように思われます。

 

お金を借りるのに便利な「無担保融資サービス」!選べるリストなら